広島城



広島城の歴史を訪ねる。
P1000807.JPG


太鼓櫓、多門櫓、平櫓P1000819.JPG


広島城跡
P1000810.JPG


天守への階段
P1000805.JPG



P1000809.JPG


表御門
P1000825.JPG


天守閣
P1000813.JPG



史跡
P1000803.JPG


絵図
P1000824.JPG



P1000812.JPG


広島城
通称:  鯉城、在間城、当麻城

城郭構造: 輪郭式平城

天守構造: 複合連結式望楼型5重5階

外観復元:(SRC造・1958年再)

築城主: 毛利輝元

築城年: 1589年

主な改修者: 福島正則

主な城主: 毛利氏、福島氏、浅野氏

廃城年: 1874年

遺構: 石垣、堀

指定文化財: 国の史跡

再建造物: 大天守・平櫓・多聞櫓・太鼓櫓・表御門


広島城
日本100名城の一つ。最も広かった時代の曲輪のうち内堀に囲まれた本丸と二の丸と三の丸の

一部が現存し、広さ約12万平方メートル。大坂城や岡山城らと共に初期近世城郭の代表的

なものである。名古屋城、岡山城と共に日本三大平城とも言われる。





日本の「城」巡りTOP






















posted by oojijisun at 10:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。